ビットコインとインフルエンサー

今回のビットコインの相場を、投資家の観点から書いていきたいと思います。
損した人はなぜそうなったのか、良く分析して反省しましょう。

インフルエンサーの買い煽り

この数ヶ月、いわゆるインフルエンサーの買い煽りが頻発。
日頃投資をしない人までも参戦する大きな相場となりました。基本的に買いを進めている人達
は、フォロワーの利益は二の次。何ならどうだっていいと考えている人が多い。
基本的に、売買できる口座を開設してくれれば、 1-2万円以上の報酬が入る。
当人がビットコインを持っていなくとも
「ビットコイン上がるよ~まだ買って無いの~」とつぶやくだけで、アフィリエイト報酬の数十万円が手に入り、ビットコインの価格も上がるというループが出来上がる。
某インフルエンサーは散々買い煽って「損失を出した人は、しつかり反省しましょう。」という始末。騙されない事が大事ですね。

靴磨きの少年論

今回の暴落は、まさにこのパターン。前回の急騰もそうでしたが。
ざっと説明すると、素人がビットコインの話をし出したら、そこが天井ですよって話。
株にも当てはまるこの格言。素人の参加が多いからこそより顕著に現れる現象。
「仮想通貨」という歴史が浅いカテゴリで、初心者の参加も多く、セオリー通りに動きました
ね。

ボラティリティの高さ

そもそもビットコインは流通量が少ない。その少ない流通量を何億人という人数で、買ってい
るのだから、価格の変動も激しい。
しかも 24時間価格は変動し、保有者をチャートにくぎ付けにする。しかもこの商品レバレッ
ジが掛けられる。 100倍になる可能性も、 1 / 1 00になる可能性もある。
調子のいい時はガンガン上がるので、買えば上がると考える初心者が見事に沼にハマった形。
そもそも分の悪いギャンブル
需給で価格が決まるので、人気があれば上昇する。かつてパズドラが流行ったり、モンストが
流行ったり、タピオカが流行ったり。そんなイメージに近い。流行っている間は価格が上が
る。それが仮想通貨

そもそも仮想通貨は分が悪いギャンプルである。 100円分買えば、手数料とスプレッドによ
って、 95円とか 90円になる。購入した時点で含み損なのである。
どうするべき?
誰が儲かっているかというと答えは、前述のインフルエンサーと、取引所。仮想通過が上がろ
うと、下がろうと取引所は取引手数料が入る。マネックス Gのチャートが分かりやすい。

もし仮想通過相場に参加したいなら、取引所に投資するといいです。
急騰しても、急落しても取引量は増えるし、短期の相場は仮想通貨よりボラティリティが低
い。
それでは物足りないなら、消費したと考えて買うべき。 1万円を消費。仮にゼロになっても、
お金を使ったと考える。宝くじのイメージ。宝くじは買った瞬間に価値が半分になると言われ
ているが、ビットコインは 9割くらいになる。そう考える商品である。

まとめ

仮想通貨は初心者が多く、典型的なイナゴ買い、狼狽売りの展開となりました。
そもそも分の悪い勝負なので、参戦しない方がいいかなとぃうのが、私の感想。
買うなら宝くじ。値上がり期待で買わない事。
投資はギャンブルではありません。宝くじがそうでないようにです。
次回は行動経済学について書きます。

ではまた

コメント