ホストクラブは高いのか

このタイトルと、サムネを見て、ピンと来た方。
マーケティングのセンス抜群だ。

何言っているんだコイツという方が大多数と思うが最近、物の価格というものを考えさせられる出来事が沢山あった。今日はその話を書いていく。

ホストクラブでは、100円の水が1000円で売られており、会計にはサービス料で35%上乗せされる。
35%だ。10万円のボトルは30万くらいで売られ、更に35%。40万を超えるのだ。

それに指名料が掛かり、時間の料金が掛かり、会計は100万を超える事もザラにあるのだ。
やはりホストクラブは高いのか。

今日はその疑問に迫る。

高いと思われるのはサービスの質が低いから

ホストの話に戻ると、会計が100万を超える事もある。
それに対して客が高いと思うかどうか。

もちろん貧富の差はあると思うが、お客さんがサービスをどう感じたかによる。

100万を払ってでも、得られた極上の体験や、空間を提供したのならば、客はリピーターになる。
即ち高いとは思わせていないのだ。

客が高いと感じたのならば、それはサービス不足。
これはホストの研修で講師が言っていた言葉だ。

つまるところ、牛丼400円安い。ハンバーガー100円安い

フランス料理10000円高い、シャンパン10万高い

とかそういう話ではないのだ。

サービスの満足度が価格を決める

なので、3000円の牛丼もあるし、2000円のラーメンもある。
それでも人気があるということは、その値段の価値があるサービス、商品ということだ。

物を売った時に高いと言われるのであれば、その人にとってはサービス不足だったということ

これは肝に銘じておきたい。

高いと思われるのはサービスの質が低いから

世の中には100円のコーラを1000円で売る方法もあるし、なぜか潰れない竿だけ屋もある。

マーケティングは非常に奥が深いと思う。

価格に自信がない時はサービスの質を上げる事だ。
安易な値下げに走らないよう心がけていきたい。

コメント