【三井住友NL】で投資信託を積立【SBI証券】

SBI証券でもついにクレジットカードで投資信託の積立が出来るようになりました。三井住友のクレジットカード限定ですが、クレカ自体の性能も高いので有効活用していきましょう。三井住友も種類は結構ありますが一番おすすめのナンバーレスを紹介します。

作成はこちらから

快適、安全、便利なキャッシュレスライフを。:三井住友カード

メリット

年会費無料

三井住友の中で年会費が無料なのは、ナンバーレスのタイプだけ。後述する積立のみで利用しても、年会費はかからないので安心。

特定店舗で5%還元

大手コンビニ3社とマクドナルドで5%還元。多くのクレカが1%還元を基本としているのでこの還元率はありがたい。Apple pay Google pay iDの対応もしているので、コンビニだけこのカードっていう使い方も出来そう。他にも指定の店舗を選ぶ事で、還元率を上げる事が出来ます。

SBI証券で投信が買える

月50000円が上限ですが、投資信託を購入できます。還元率は0.5%ですが、これから始まるキャンペーン時は1.5%に。月750Pなら価値がありそう。250Pに戻ったら価値が薄いかも?楽天と比較するとこんな感じ。

SBI証券楽天証券
金額上限
還元率
貯まるポイント
カードの種類
50000円
0.5%(1.5%)
Vポイント
三井住友
50000円
1%
楽天ポイント
楽天カード

月10万円積立られる余力があるなら、計750P貰えます。国内債券とかならほとんど変動しないので、利子の高い預金みたいに使うことも出来ますね。私は素直にオルカンに投資かな。

Vポイントが使いやすい

1P=1円で使えます。カードにチャージして、プリペイドでも使えますし、dポイント、Suicaなどにも交換可能。私はdポイントに交換すると思います。dポイントに交換すればdポイント投資が使えるので、Vポイントも運用しているのと同じです。Vポイント→dポイントに交換→dポイント投資の流れです。アプリからでも出来るので交換は簡単。

デメリット

通常の還元率が低い

普段の決済が200円で1Pと0.5%還元なので通常利用するにはイマイチ。

特定店舗では1%超となりますが、用途は限定的になる印象。デメリットはそれくらいでしょうか。

【7月1日更新】ゴールドカードが誕生

7月1日にゴールドが誕生しました。
結論から書くと普通のナンバーレスの方が使い勝手はいいと思います。
特徴を書くと
・年会費が5500円(年間100万円使うと翌年以降無料)
・ 投信の積立が1% (通常カードは0.5%)
・基本的な性能は一般のゴールドカードに準拠

なので年会費無料の条件を満たせて、毎月5万円積立られる人はおすすめです。
ちなみに投信の積立は年間利用額に換算されないので、メインで使っていかないと金額の条件を満たすのは難しいかも知れません。0.5%が1%になれば、年間3000円分です。
10年でも3万円ですし、その間にまたお得なクレ力が出るかなとは思っています。
無理なく条件を満たせるなら是非。

https://lifemedia.jp/service/detail/0001153824P0?d=3481638-an
ライフメディアで8100Pのキャンペーンをやっているので、通常を作っていないなら、こっちでポイントを貰うのもあり。

まとめ

SBI証券を利用されている方にとっては、おすすめのサービス。ただキャンペーン終了後は0.5%に戻ってしまいます。そうなると月250円程度なのでコスパは微妙かも。楽天証券は1%ですが、最近楽天のサービスは改悪が続いていますので、こちらも0.5%になる可能性も。積立設定をする分には損はありませんので貰えるものは貰っておきましょう。カード作成時のキャンペーンポイントと一緒にどうぞ。もし不要になったら年会費も無料ですし解約すればいいので。

作成はこちらから

快適、安全、便利なキャッシュレスライフを。:三井住友カード

是非有効活用を。

ではまた。

コメント